東部方面隊創立57周年記念行事

今年も残すところ1ヶ月を切りました。皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

私は12月3日に朝霞駐屯地で催された「東部方面隊創立57周年記念行事」に参加させて頂きました。各駐屯地の司令官はもちろん、埼玉県の上田知事も来席し、東部方面隊各地の地酒が振舞われるなど想像以上に豪華な式典でした。

東部方面総監にご挨拶させていただいた際、先月のクレーマー講演に触れ慰労の言葉を戴いたことは光栄の至りでした。最先任上級曹長と写真を撮った際、カメラマンの広報担当がレンジャーの先輩で「おい五領田、何やってんだ!」とシバかれそうになったのには本能的にビックリしましたが、改変間際の31連隊長が紳士服のコナカの顧問になっていたのは普通にビックリしました。当時31連隊から師団レンジャーに派遣され、帰還したのはたった2人です。ただ、もう20年近く経っているため覚えてはいないだろうと思い恐る恐る話しかけたのですが、振り返りざまに「おい五領田、何やってんだ!」と有難いお言葉を頂きました。

ところで、連隊長によれば自衛隊に一度でも所属したことがある人はコナカは永遠に20%オフなんだそうです。自衛隊を退職し、司法試験を3回連続一次で不合格になった上、これくらいなら許されるだろうと妻のドラックストアのポイントでプロテインを買ってしまったら逆鱗に触れ、その責任を取るため近所のイトーヨーカドーでレジ打ちをすることになり仕方がなく国道沿いのコナカにワイシャツを買いに行った話を連隊長に聞いて貰いました。やりたくない仕事のために身銭を切ったあの夕暮れをふとした折に思い出します。まさかあの時に買ったワイシャツが実は20%だったなんて…。元自衛官の特権を享受することが出来なかった忘れ物を取りに向かった帰りの道で、巨大な上戸彩のポスターの上に掲げられていた看板を見て三たび驚きました。ずっと「コナカ」だと思っていたその紳士服売り場は「AOKI」でした。忘れ物はそこにはなかったことになります。私は何の特権を持たない、これからレジ打ちを始めるただの男としてあのワイシャツを買ったのです。「よかった、大丈夫だ。」と私は呟きました。

あっという間の年末ですね。とはいえ年の暮れ、お世話になった方に「元気にしてます。」と言えるのは、何とかその一年を生き凌いだ者の特権なのかもしれません。皆さんの「元気です。」を聞かせて下さい。今年も年末年始休まず営業します。JR埼京線と武蔵野線のクロスポイント、ここ武蔵浦和で皆さんのお越しをお待ちしております。

 

 

 

 


東部方面隊創立57周年記念行事」への1件のフィードバック

  1. 星野 慶泰 ホシノ ケイタイ

    私も陸自で10年勤務の後、民間に転身しましたので、目的達成のための準備期間は灰色な時もありました。現在、国内航空会社で操縦士をしておりますが、原点は空挺レンジャー、降下長、FF、潜水訓練を受けた空挺隊員です。その後ヘリパイを経て飛行機の操縦士になりました。
    空挺とレンジャー経験者の法曹人の五領田さんを応援したいと思います。4月初めに習志野駐屯地創立記念行事があり、陸幕から招待されています。もしご都合がつくようでしたら、私の推薦枠で五領田さんのお名前を大事に上げたいと思います。ご都合はいかがでしょうか?
    先日8日に行われました降下訓練始め行事にも来賓として参加して来ました。天気が心配でしたが、予定通りの訓練展示と野宴が出来ました。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です