当事務所のお心入れについて

私がお客様を迎え入れるために心掛けていることがあります。一つは、必ずその方がいらっしゃる直前にエントランスの三和土を拭くことです。弊所は東京の大手事務所のように煌びやかで常に胡蝶蘭が飾ってあるようなエントランスを持ってはいません。せめて、お客様が弊所に足を踏み入れる最初の一歩を埃などで汚さぬようにというお心入れのつもりでやらせて頂いております。

もう一つは、毎朝トイレを掃除することです。ところがこのトイレ掃除、毎日やるとなるとなかなか心が折れてしまうものであります。もちろん家でもトイレ掃除をするのですが、何度言っても私の息子たちが座って用を足してくれず、幽霊が死ぬほど怖いくせに用を足すときだけは仁王立ちで立派にやるものですから勘弁してくれよと思う時がしばしばあります。

他のご家庭でも私のように勘弁してくれと思って座って用を足すように教育なさっている方が増えたのか、最近の男の子は学校でも大きい方で小さな用を足す子が増えてきているとのことです。習慣とは恐ろしいもので、そういう風に教育された子は座ってではないと用を足すことが出来なくなっており、いわゆる立ちションが出来ない少年が次々に出現していると授業参観の時に担任の先生が話していました。

話はズレるかもしれませんが、西欧人は大きい方と小さい方を分けて足せるのに対し、日本人は決して両方同時ではないと用を足せないのだそうであります。私がそのことを再認識したエピソードがあります。それはレンジャーの最終訓練のときでした。主任教官が「これから大菩薩峠に向かう」と宣言し、三トン半に乗って移動していたところ何故かキットカットが配られ、暫くすると助教がウトウトと眠り始めました。そうなると疲労の極限にある隊員たちも当然眠り始め、少しも立たないうちに全員がいびきをかいて眠り始めたのです。「あぁ、やっと終わったな」と思った瞬間でした。私も安心しきり、眠ろうとしたときのことです。緊張が解けたせいか突如、激甚極まる腹痛に襲われました。限界に挑戦するのがレンジャー訓練の目的ですが、さすがにこの腹痛を耐えるほどの力は残されていません。「すみません、おなか痛いです」と助教に嘆願すると、「お前の飯盒の中にするんだったらやってもいいぞ」とのお達しが。詳細はあまりにもおぞましい為省略しますが、大きい方は死ぬほどやりたかったのですが、小さい方はそれほどしたくなかったにもかかわらず、小さい方をしなければ大きい方が出来ない私の日本人としての習性を酷く疎ましく思ったのをよく覚えています。

それでは、今日もお心入れをして皆様の来所をお待ちしております。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です