ゴールドジムのパーティーに参加しました

皆さん、GWいかがお過ごしでしょうか?私は4月29日にゴールドジムのポットラックパーティーに参加して来ました。

ポットラックとはあまり聞きなれない言葉ですが、どうやら「持ち寄る」という意味らしいです。私は、ナチュラルローソンで買った高級ポップコーンを持参しました。昨年に引き続き、無理やり連れて来られた感が迸ってやまない長男も一緒です。「絶対に僕の服を脱がせないでね」と強く言われてしまいました。指折り数えてこの夜を待っていました。とはいえ、申込みのとき「今年はプッシュアップ大会があるのでぜひ参加して下さい」と言われて、「腕立て伏せかぁ、懐かしいね」と二つ返事で深く考えずに参加を承諾した関係で意味もなく遅刻しました。腕立て伏せは元自衛官にとって、センシティブなところがあります。

練馬の第1普通科連隊にいたとき、FTXと呼ばれる米軍との共同訓練に参加したことがあります。最終日のフェアウェルパーティーで日米の戦士が入り乱れてベロベロになりながら腕相撲大会等力比べに賑わいを見せていましたが、その影ではタイマンでプッシュアップをするという人だかりも出来ていました。私はそこにレンジャー隊員として呼ばれ、やる気満々の米軍兵士に圧勝したことがあります。「なんだ、もうおネンネかい?」みたいな感じでした。あれから40年、いや12年、私は腕立て伏せというものをあの滝ケ腹の駐屯地の体育館に置いて来てしまったのかもしれません…と、カッコつけましたが、単にやりたくないです。繰り返しになりますが、腕立て伏せにはいろいろ思うところがあります。

ただ、ときどき自分が弁護士としてちゃんと務めを果たしているのだろうか?と不安に駆られる夜に遭うときがあります。そんな夜にやるのは、決まって腕立て伏せだったりします。怒号が飛び交い、頭を踏みつけられる恐怖に怯えながら、次の1回、次の1回を挙げることだけを考えて、1回も挙がらなくなるまで腕立て伏せをするんです。これをやると不思議と「あぁ、大丈夫だ、大丈夫だ」って思えるようになるんです。つまり、私にとって腕立て伏せはいろいろあるんです!(笑)

それでは、皆様のGWがよきものになりますように。写真はポットラックパーティーの模様です。

IMG_1054

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です