体育学校の歴戦の勇者達と葱を抜きました

体育学校に挨拶に行った際の後日談です。

「今週末に葱抜きがあるからお前も来ないか?」とたまたま運幹をしていたレスリングの世界選手権で名を馳せた自訓同期からの誘いを二つ返事で受け、先週の土曜日、葱抜きに参加させて貰いました。

私は首から上を要求される普通科出身です。その葱抜きがどのような集まりであるかを尋ねることはありませんでした。いわゆる「Don’t tell,don’t say」です。

場所は埼玉北部の辺境の街、熊谷。全然知らなかったのですが、航空自衛隊の少年工科学校が熊谷にあるそうです。そもそも少工が陸・海・空に分かれていることを知りませんでした。前述の運幹はそこで小隊長をなさっていたということです。そこでは上級生と下級生の関係が絶対的であり、冗談みたいなホントの話で、100メートル先の上級生に必死で敬礼をしている学生が散見されるそうです。もしかしたら、首から双眼鏡をぶら下げている学生もいるかもしれませんね。

葱抜きの会の実態はチビッ子の農業体験を兼ねたバーベキュー大会でした。それを知っていれば我が家のチビッ子を連れてきたのですが、我が家のチビッ子を連れて来なかったことと当然のことながら自身がチビッ子ではないこととの関係から私の葱抜き体験は7分弱で終了しました。

それでは、炭火起こしを手伝おうとバーベキューセットの前で色々やろうと試みましたが、その場を担当していた体育モスの教官が炭火起こしの達人で私の出る幕はなく…。結局ただみんながせっせと用意するのを見ているという役割を仰せつかり、体育学校の歴戦の勇者たちとチビッ子に紛れて美味しいお肉とビールを飲んで帰ってきました。

考えすぎかもしれませんが、おそらくその会には二度と呼ばれることはないでしょう。

ただ、何かあったときは呼んでください。その時は必ず役に立ちます!(笑)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です